平成28年4月1日から女性活躍推進法が施行されました。この法律は、女性が職業生活において、その希望に応じ、十分に能力を発揮、活躍できる環境を整備する事を目的としています。この女性活躍推進法により、一般事業主行動計画の策定・届出等が義務になっている大企業はもとより、中小企業においても努力義務があることから、女性活躍の重要性を理解し、取組みを加速させていく事が重要です。
本事業では、女性活躍推進に向けて取り組まれる中小企業の皆様の女性活躍推進法に基づく課題分析や行動計画策定等に関し、全国でセミナーを実施、皆様の参加を通して、実際の行動に一歩を踏み出していただく支援の場とします。また、電話でのご相談や、企業訪問による個別支援も実施いたします。

一般事業主行動計画とは

女性活躍推進法に基づき、自社の女性活躍に関する現状を把握、課題を分析し、その課題に基づいた目標を設定、達成するための行動計画を策定します。行動計画には、①計画期間、②数値目標(1つ以上)、③取組内容、④取組の実施時期を盛り込む必要があります。

一般事業主行動計画の流れ

『えるぼし』とは

一般事業主行動計画を策定・届出をした事業主のうち、女性活躍推進に関する取組みの実施状況が優良な事業主は、都道府県労働局への申請により厚生労働大臣の認定を受けることができ、認定マーク『えるぼし』を商品や広告、名刺、求人票などに使うことができます。

  • 〈 1段階目 〉
    『えるぼし』とは
  • 〈 2段階目 〉
    『えるぼし』とは
  • 〈 3段階目 〉
    『えるぼし』とは

女性活躍推進法について、「自社の女性活躍状況把握・課題分析はどのように行うか。」 「どのような行動計画を策定するのが適切かわからない。」という事業主の皆様を支援します。

  • セミナーの開催
  • アドバイザーによる個別支援

NEWS & TOPIC